温かな笑顔のある暮らしをつくるパートナー

0120-809-509

スタッフブログ

中村不動産販売スタッフによるブログです

2019.5.26

ロストゼネレション問題

ロストゼネレションとは、バブル崩壊後の景気悪化で

企業の新卒採用が減らされた1993年から2004年

に社会に出た世代で、就職氷河期世代とも呼ばれています。

彼らの人口規模は高卒、大卒を合わせ約2000万人います。

雇用労働者のうち非正規で働く人は3割です。

当然非正規の場合雇用状況は不安定でかつ低賃金です。

彼らに当然支払われるであろう賃金が、企業の内部留保

に移り変わったものと考えられます。

いま日本は少子化で困っていますが、非正規の低賃金では

結婚できません。未婚者が増えれば当然少子化になるのは

止むを得ません。

少子化対策を考えるのであれば、一刻も早くこの問題を

解決しなければななりません。未婚者の多くが結婚を望んでいるのですから、

非正規から正規社員に移行させて賃金UPを図るべきです。

政府がこの問題に目をつぶり、企業の優遇策を変更しないから

こんな結果になるのです。

非正規で正規社員と同じ労働を低賃金で働かせるのは

犯罪行為です。法律を作りそのことを明文化すべきです。

こんな状態が続けば、日本は破産することは素人の私にもわかります。

あと20年もすれば生活保護世帯の急増で国家の財政は破綻するでしょう。

こんな簡単なことすら分からない国会議員の多さに怒りがこみあげてきます。

国会議員ならもっともっと本気で日本の国の将来のことを考えろ!!

Access